Sophie Goldschmidt(ソフィー・ゴールドシュミット) インタビュー記事

2019年2月8日付でsportspromedia.comにアップされていた、WSL CEOのソフィー・ゴールドシュミットのインタビュー記事(←クリックで該当記事にとびます)です。

キャリア・バックグラウンド等は前に書いた投稿と重なるので割愛しますが、興味深かったの部分を紹介いたします。

【将来のビジョン】

Broadening our audience is the key objective, and doing that in really creative and innovative ways. We have so many different aspects to surfing, both the high-performance, elite end of the sport but it transitions into lifestyle, I think, more authentically than any other sport. That’s a real opportunity, and then also growing the profile of these athletes. They’re amazing icons performing at the highest level and I don’t think there’s anything that can grow the sport faster than helping them be as recognised as they should be.

「創造的でイノベーティブな方法によって、このスポーツを見る人の層を広げることが重要な目的です。サーフィンにはハイパフォーマンスで先端をいくエリート選手達も存在する一方で、他のスポーツに比べても本質的な面でライフスタイルに影響を与えうる、という多様な側面があると考えます。そこには大きなチャンスがあり、また、サーフ・アスリートがこれから更に注目を浴びていく要素があります。最も高いレベルでパフォーマンスをする彼らはこのスポーツの象徴であり、彼らサーフ・アスリートが本来値すべき注目を得るべくサポートをすることが、このスポーツの迅速な発展に繋がると思うのです。」(一部意訳。以下同様)

【ウェイブプール・テクノロジーと世界進出】

It’s spectacular technology. In fact, a big reason I took the job was the opportunity to be involved with something that’s so transformative for a sport. I mean, we knew it was going to be a game-changer for surfing but actually I think it’s game-changing for sports at large when you look at how sport can be presented.

「ウェイブプールは目を見張るテクノロジーだと思います。実際、私がWSLに加わったのは、スポーツそのものを根底から革新する機会があるからです。[ファンや観衆への見せ方自体が革新的に変えられることにより]サーフィン自体を変える技術にとどまらず、大きな意味でスポーツ全体のゲーム・チェンジャーとなりえるものと思います。」

We’ve got a very clear strategic plan and direction, which basically follows two different phases. The first five or six facilities will be based in very strategically important markets for the WSL to enable further growth of the Championship Tour and our key events.

We have one in Lemoore, which is our pilot facility. To be honest, we never thought we’d have events there but it’s just gone so well and the technology has become so robust that we are using that. But we’re building one in Florida; we’re also going to be building one in Tokyo, in Australia, in Brazil, likely LA, and we’re looking at building a couple in Paris.

Phase two will be more of a partnership/licence type of approach. [We’ll remain] very selective – I mean, I don’t ever imagine we’ll have hundreds of these around the world, but I think we will have dozens of them. And the business model is different for each one.

「我々WSLは、二つのフェーズから構成される明確な戦略と方向性を持っています。一つ目のフェーズは、WSLにとって戦略的に重要となるマーケットに5つから6つのウェイブ・プール施設を設け、Championship Tourその他の主要なイベントの成長に繋げます。

LemooreのWave Ranchは試験的な施設です。正直、我々は当初Wave RanchでCTイベントが開催する考えはありませんでしたが、技術が着実に進化し強固なものになったため実施することにしました。現時点でフロリダに一つ建設中で、今後は東京、オーストラリア、ブラジルに建設予定。恐らくロスアンゼルスにもできるでしょうし、パリにも複数建設できればと考えています。

フェーズ2は、パートナーシップ/ライセンス的なアプローチをとることです。パートナー/ライセンス先は細心の注意をもって選ぶので、WSLが関与する形で何百ものウェイブプール施設が建設されることはないと思いますが、数十(”dozen of them”)という単位にはなるかと思います。そして、これらの施設は施設ごとに異なるビジネスモデルが採用されるでしょう。」