Soloshot 3 (※10.29.2019加筆)

【※ 10.29.2019 投稿編集】

海外のサーフボードレビュー系サイトでは、一番人気があると思われる、「Surf ‘n Show」(←クリックでサイトにとびます)。

ライダー兼レビュアーのNoel Salas氏は、以前QSに参戦していた人で、ライディング映像を見ても、他のYouTube系ボードレビュアーとはレベルが違うのが感じられる。ライディングが上手いのに加えて、レビューがとにかく丁寧で細かい。

Surf ‘n Showは、基本Salas氏がライディングしている映像を、弟さんが撮影することが多いらしいが、都合がつかない場合はSoloshot 3なるカメラを利用しているとのこと。腕にトラッキング用のバンドを巻くことで、ビーチにセッティングしたカメラが自動的に本人の動きをトラックし、第三者の手を借りずに自分のライディング映像を撮れる、、、というガジェット。

Soloshot 3

そのSoloshot 3のレビュー動画が↓。

Soloshot 3、Salas氏はかなりこれを評価しており、撮影した動画をMacBookで編集するときのポイントもしっかり説明してくれている。

ボードのレビューのときもそうだが、この方はプロダクトのよいところを中心に説明するも、課題となる点も指摘してくれることが多い。Soloshot 3についていえば、かなり満足をしているものの、最初のうちはトラッキングが外れて画面から自分が消えてしまうことがあったこと、腕のトラッキングデバイスがいきなり動かなくなってしまったこと、ライディング中にデバイスがバンドから外れてしまったことなど、使い始めてから何度か問題があり、慣れるまでに結構時間がかかったこと、ただ、その度にメーカーの営業さんが一生懸命サポートしてくれたことも説明している。また、自分だけではなく、他のユーザー3名にもインタビューをして感想を聞くという丁寧ぶり。「ビーチにカメラを置いたままで盗まれることはないか?」との質問に対しては、少なくともHuntington Beachではそんな被害にあったことはないとのこと。 日本で車上荒らしとかがあるポイントでは、盗難のリスクはある気がする。

Soloshot 3、本家アメリカのHP(https://soloshot.com/)をチェックしようと検索しても、自動的に日本の代理店のホームページ(https://www.soloshot-japan.jp/)にリディレクトされることになる。(※10.29.2019時点では、リディレクトされずにアメリカ本社のウェブサイトにとびました。 )

金額はSoloshot 3のOptic 65で145,800円。専用の三脚は1万円弱。正直、一般的に普及するにはちょっと値段が、、、という気がする。(※ 上記アメリカ本社のサイトでは、Optic 65で約1,000ドル(10.8万円))

DJIやGoProが同種の製品を出していないのは何故だろう? やはり基本特許を抑えているのだろうか。工場はどこだろう。中国・深センあたりであれば、工場横流し品が闇市で売ってそう。。

ちなみにSUPでも使っている方がいらっしゃる(←私もちょくちょく動画をチェックさせて頂いているサップジャンキーさん)。編集も上手で、いつも楽しく乗っていらっしゃる感じが伝わってきます。

サーフィンYutuberのドル君の動画