Michael Fukumuraさん(弁護士 ⇒ ヨガ・マスター/サーファー)

日本(東京)で生まれ、その後家族で渡米したFukumuraさん。

ロースクール(法科大学院)を卒業後、弁護士資格を取得し、首都ワシントンDCにある「アルコール・タバコ・火器及び爆発物取締局(The Bureau of Alcohol, Tobacco, Firearms and Explosives)」に勤務。両親の厳しく躾のもと育てられ、親の期待に応えることに集中するうちに、そのような道を辿ることになった、と回想されています。

「何かが違う」と感じたFukumuraさん。奥様の勧めもあり、ワシントンでの安定した生活を捨て、アメリカ横断の放浪の旅に出ることに。カリフォルニア(サンディエゴ)でサーフィンに出会い、移住。サーフィン、SUPにのめり込み、右肩を痛めてしまいます。そこで治療の一環で始めたヨガに今度はハマってしまい、現地でも有名なヨガ・インストラクターに転身。

曰く「ワシントンDCでは良い思い出もありましたが、そこからステップアウトしたことを後悔したことは一度もないです。自分の心の声に従い決めたことですから」