KEITH TABOUL – A DAY IN THE LIFE OF A SHAPER


QuatroGoyaのシェイパーであり、自身のサーフブランド”KT“のオーナー、Keith Teboulの典型的な1日。

Shaper

7AM:起床。すぐにパソコンに向かい、コーヒーと朝食をとりながらe-mailをチェック。

8:30AM:ハイク(マウイ島)にあるオフィス/シェーピングルームに向かい、(途中でテーブル・フットボールをしたりしながら)11:30AM頃まで作業。Levi、Berndその他のチームライダー達とグダグダ話。その後ランチ。

12PM:自身のボードのテストも兼ねて、ウインドかサーフィン。

5PM:午前中に作業が終わっていない場合は再びシェーピングルームへ。

6:30PM:帰宅。シャワー。彼女/友達と夕ご飯。夜になってパソコンでデザイン作業をすることも。

10:30PM:消灯。夢の世界へ — クリーンなバレル、波、そして旅。。。



courtesy: Sophia Louca
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です