プロサーファー(CT選手)のテイクオフ ー スローモーション動画(from Surf Ranch)

CT選手(Jordy Smith、Kelly Slater、John John Florence、Carissa Moore、Gabriel Medina、Joel Parkinson、Stephanie Gilmore、Matt Wilkinson、Kolohe Andino、Silvana Lima、Felipe Toledo、Bianca Buitendag、Michel Bourez)のテイクオフ・スローモーション動画(全6分間)。

文字通りマシーン・ブレイクで、同じような波のサイズ・崩れ方なので、各選手の違いが結構よく分かる。

(1:00~)Jordy Smith/レギュラー/身長190cm

  • テイクオフ直前に両腕で素早く力強いストロークを入れている
  • 手をつく位置:若干左手が右手より前
  • 早いタイミングで後ろ足をデッキパッドに置き、その後に前足が出ててくる感じ

(1:20~)Kelly Slater/レギュラー/身長175cm

  • テイクオフ前、かなりバタ足している
  • 腰の位置が結構高い
  • 前足と後ろ足ほぼ同じタイミングで板の上に立つ感じ(Jordyの後ろ足⇒前足と対照的)

(1:46~)John John Florence/レギュラー/身長185cm

  • テイクオフ前に身体を起こす際の手をつく位置がコシのあたり
  • 前足の膝が結構高い位置まで上がっている。後ろ足は胸にあたっている感じ
  • 両足ほぼ同じタイミングで板についている
  • 後ろ足はデッキパッドよりも前に置いてある。テイクオフ後一気に加速

(2:06~)Carissa Moore/レギュラー/身長170cm

  • テイクオフ直前に両腕でパドルを入れている
  • 両手のつく位置は平行
  • 後ろ足⇒前足の順で立っている。後ろ足の方がかなり先のタイミングでついている
  • 後ろ足はデッキパッドの真ん中あたりに置いている

(2:24~)Gabriel Medina/グーフィー/身長180cm

  • 両手のつく位置は平行
  • お尻を捻り出す感じでテイクオフ。左側のお尻をかなり高い位置に突き出している
  • 両足同じタイミングで板についている

(2:46~)Joel Parkinson/レギュラー/身長183cm

  • テイクオフ前にバタ足
  • 手をつく位置は両方とも平行
  • 腰・背中のポジションが高い。
  • ほぼ同じタイミングで両足をボードに置く(←後ろ足がほんの少し早いくらい)

(2:52~)Stephanie Gilmore/レギュラー/身長178cm

  • 両手ともかなりボードの前の方についている
  • 左足の腿が胸にあたる感じでテイクオフ

(3:23~)Matt Wilkinson/グーフィー/身長180cm

  • テイクオフ前に結構バタ足
  • 波側の手(右手)が岸側の手(左手)よりも極端に前
  • 背中を波にぶつかるような感じでテイクオフ
  • 後ろ足⇒前足の順で立つ感じ

(3:44~)Kolohe Andino/レギュラー/身長180cm

  • テイクオフにパワフルなストローク
  • 両手をつく位置は比較的並行にみえる
  • 後ろ足⇒右足の順だが、一瞬で揃えている

(4:02~)Silvana Lima/レギュラー/身長154cm

  • テイクオフにパワフルなストローク
  • 手をつく位置、左手が若干右手より前
  • 腰の位置は結構高く見えるが頭の位置が低く、陸上のクラウチングスタートのよう

(4:17~)Felipe Toledo/レギュラー/身長175cm

  • 他の選手に比べ若干ノーズが進行方向よりも岸向きな状態からパドルスタート
  • バタ足あり
  • 直ぐに手をつかず、まず身体をボードに乗せてグライド
  • 岸側の手(左手)は波側の手(右手)よりもほんの少し前についている

(4:35~)Bianca Buitendag/グーフィー/身長185cm

  • かなりバタ足
  • テイクオフ前、胸を反らさず、顔の位置もかなり低め
  • 波側の手(右手)は岸側の手(左手)よりも相当前についている
  • 後ろ足をついて暫く感覚をあけてから前足がついている
  • この動画の中で紹介されている他選手と比べてもかなり独特なテイクオフをしているという印象

(4:51~)Michel Bourez/レギュラー/身長176cm

  • 体格からして不要なのかと思ってみたが、結構バタ足している
  • テイクオフ前のパドルがかなりパワフル
  • 岸側の手(左手)は波側の手(右手)より若干前についている
  • テイクオフの時に腰の位置がかなり高い。一気に波を下る勢いをそのまま推進力にしている印象を受けた