Bill Foote

自分が今使っているSUPのボードです。

Foote Surfboards HP

ウインドでは一回もBill Foote乗ったことありませんでした。正直全く興味なかったです。

Bill Footeのサイトに、シェイパー(Bill Footeさん)のことが書いてあったので、ちょっとだけ紹介します。

Courtesy: foote-surfboards.com

– サーフィンを始めたのは1962年。アメリカの東海岸で育ち。

– 高校を卒業後、ビッグ・ウェイブを求め、数年間プエルトリコに住んでサーフィン三昧の毎日。

– 21歳の時に、オアフ島のノースショアに移住。当時、Bill Footeさんが乗っていたボードのシェイパーはRichard Brewer、Tom Parrish、Rick Irons、Reno Abelliraといったメンバーで、これらの人々の影響を受けて自分もシェイピングをスタート。”Sunset Beach”というブランドだったそうです。

– 80年代に入り、ウインドサーフィン(ウェイブ・ライディング)に傾倒。シェイピングにおける興味の対象も、ボードのデザインに加えボードの素材そのものにも向けられることに。

– 90年代半ばにマウイに移住。

– 2005年、Laird Hamiltonとの親交のもと、SUPボード作りを開始。最初は12’8″のボードだったそうです。

ボードの形状は変われど40年以上シェイピングという一つの道を歩んでいることは凄いこと、素晴らしいことだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です