2019 Boardroom Show Tokyo

勤め先の近くで開催されているということで、昼休みを利用して見学に。往復である程度時間がとられるので見学した時間は正味20分程。。。

会場は東京物流センター。センター内の違う場所で就職説明会が開催されているらしくリクルート姿の学生さんがたくさんいた。場所間違えたかと思ったが色黒・短パンの人やRCVAのTシャツ着ている人がちらほらいたので一安心。受付で場所を聞いて会場のスペースに向かった。

入口付近に飾ってあったフォーム。午前中のデモシェープで削られたものだろうか? フォームだけだとこんなに軽いの?と思うくらいの軽さだった。

入っていくとなにやら会場中央で黒山の人だかりを発見。

クロちゃんでもいるのか?

おお~、運よくシェイプイベントが開催されている。っが、近づきたくてもひとが多すぎて近づけない。ポイントパニック状態w

取り敢えずiPhoneを頭上に掲げて画面越しにシェイプの見学。ちょうどブランクスを削り始めるところだった。

他の展示も見たかったので10分程見学して、ブースに移動。自分も使っているLibteck x Lostを拝見。

Libtech x Lost

私がメインで使っているPuddle Jumper(中古のノーマルモデル)はフィッシュモデルとパフォーマンスモデルが置いてあった。もう一本持っている他ブランドのボードと比べてもテイクオフが速く(←ボリュームが約4L分プラスであるというのもあるが)、とにかく丈夫でテイクオフが速く、凄く気に入っている。

あっという間に時間が過ぎ、後ろ髪を引かれる思いで退出。PizelとかAl Merrick とかのブースも見たかったなぁ。

US Blanks。そう言えば私がしょっちゅう聞いているウェブポッドキャスト番組のホスト、David Lee Scales氏も勤務先はUS Blanksだったはず…