2.7. – 2.11.2019 サーフィン@ダナン(ベトナム)(②波コンディション)

波のコンディションはmagicseaweed.comでチェックしていて、行く前からあまりいいコンディションではない(オンショア強め、海面悪い、サイズ小さい)ことは想定していたが、初日(夕方)はオンショア強めでも、海面もそこまで荒れてはおらず、それなりにビーチブレークを楽しめた。因みに荷物(着替え、タオル、若干のお金)は、ビーチに点在する海の家のロッカー(150円程度)を借りて置かせてもらった。尚、ウェットはスプリングでOK。

快晴のときのミーケ・ビーチ

2日目。朝からオンショアがガッツリ入っている。海面も荒れていて、若干クローズ気味。

この日も体調がかなり悪くて、殆どホテルのベットの上で横になっていた。ちなみに私と同じようなタイミングで九州から来ているサーファーの方(←サーフィン歴20年とのこと。滅茶苦茶上手かった)と翌日話す機会があったが、夕方はオンショアながらもサイズもあって結構いいコンディションだったそうだ。もっとも、彼と私の技量の差を考えると、私が乗れたか可能性はかなり低いと思う。

3日目。この日も6:30AMから始まるビュッフェ形式の朝食を腹いっぱい食べたが、なんだか体がだるいので部屋に戻り一休み。10:00頃海に向かうが、もうかなりオンショアがバンバンに入っている。サイズは腰位。一瞬海に出るのをためらったが、ここまで来て乗らないのも悔しいので、海に出た。なんとか数本テイクオフできたが、横にはちょっとしか滑られなかったなぁ。

この日は夕方は更に風が強くなるという予想だったので、ハン市場で買い物⇒ホイアン散策等することに。

ホイアンの夕暮れ時

ホイアンで食べた豚足ソバ。なぜかフランスパンのようものがついてきます。唐辛子たっぷりかけて美味しくいただきました。

ちなみにホイアンに到着したのは夕方。なんと原付をどこにとめたか忘れてしまい、探すだけで2,3時間かかってしまい、ロクに散策できなかった。ここはお昼からきてゆっくり歩く街ですね。。。

4日目(最終日)。ダナンに着いた日には、4日目のこの日がコンディション的にも一番良い予想が出ていたが、日に日に予想が悪くなっていき、私の帰国後からコンディションが一気に上向く予想になっていた。午前中は風なしということで、面ツルを期待して海に出てみたが、いかんせん波がない。BCMでいう評価点10~15点位の膝サイズ。。 1.5時間程、私ともう一人のサーファーだけで広いミーケビーチを独占したが、乗れる波もかなり少なく、さすがにこのサイズだと寂しいものがあった。

この日は、サーフィン後、地元の大型スーパー&ハン市場でお土産等(コーヒー、香辛料)を購入し、またホテルで休憩。これだけ体調悪い個人旅行は自分の中でも初めてだったかもしれない。

この日の夜中のフライトで帰国なので、その前に最後のラウンドということで再びミーケ・ビーチへ。オンショアがガンガン入っていて、波の数も半端ない。サイズも肩位はあった。

まだドルフィンが下手くそなこともあり、ゲッティングアウトでかなり苦戦。ドルフィンで右目のコンタクトレンズも2度程取れて、そのたびに浜に上がって新しいコンタクトを出すことに。 修行のようなコンディションだったが、せっかくここまで来たんだからと、結構自分自身をチャージしたと思う(半分ヤケクソ)。1回、結構大きいセットに載れて、「オー!」と思った瞬間にグルグル巻きの刑にあった。どうにか乗れたのは、やっぱり腰サイズあたり。。 九州男児のサーファーさんは、オンショアでもガンガン乗っていらっしった。動きがしなやかで勉強になった。