12.19.2018 サーフィン@鵠沼海岸

仕事前の朝練。サイズは腰腹たまに胸。風なし。

最初の一発目でテイクオフが遅れ、グルグルに巻かれました。その後はちょくちょく乗れはしましたが、ボードが横に進み出すと、すぐに波が崩れてきて、止まってしまう状況が続く感じに。波を読む目と、横への意識(テイクオフ前から意識)を心がけよう、、、と思っても、徐々にサーファーの数が増えていき、すし詰め状態に。こうなるとテイクオフの時に奥から先にパドルしている人がいないかの確認の方に気が回り、横への意識とか考えている余裕もなくなって来ます。

上手い人は同じショート(というより、明らかに自分よりもサイズが小さいボード)でも、奥から波をキャッチし、アップスンで加速して駆け抜けてきます。

あまりのサーファーの多さに危険を感じ、小一時間乗って、浜に上がりましたが、自分が乗っていたエリアは激混みでした。 それでも上手い人は、波をつないでガリガリ乗ってました。凄いな、と。