新島キャンプ GW前半(2018.4/27-4/30)

もう1ヶ月以上過ぎてしまったが、GW前半(4/27-4/30)に家族で新島へキャンプ旅行に行った。出発の前々日位から体調を崩してしまい、キャンセルすることも考えたが、とりあえず島に行って休んでいればどうにかなるだろうと判断し、出発。

今回は子供が小さいこともあり、島内での移動も考えて下田発のカーフェリーを利用。鎌倉の自宅から下田まで3時間強かけて車で移動。そこからフェリーに乗って一路新島に。車だとサイズにもよるが片道約2万円程かかるので結構な出費。。。(↓の神新汽船のHPを少しスクロールすると自動車の運賃表があります。)

http://shinshin-kisen.jp/service/

お昼すぎに現地に到着。食材等の買い出し後、羽伏浦キャンプ場に到着。4/27はまだ平日ということもあって、テントもまばらだった。

とりあえず風よけになる木立の隣にテントを設営することに。3歳の息子が一生懸命手伝ってくれるのだが、実際はテントの色んなところこを引っ張ったり、ペグで遊んだりして、結局設営まで1時間以上かかってしまった。 その日は海に出る気力も残っておらず、羽伏浦ビーチやシークレットポイント(←今や誰でも知っているポイントらしいので「シークレット」というのも不思議な感じだが。。。)までドライブ&散歩。羽伏浦ビーチは、波が割れず、すさまじいビーチブレイクでサーファーは一人もおらず。

では、ということで期待を膨らませて”シークレットポイント”に移動。人ひとりが通れる位の獣みちを進み、急斜面(但し階段らしきものあり)を降りていったが、、、サーファーは誰もいない。。。

翌朝、再び羽伏浦ビーチに行くもやっぱり波がない。皆さんどこで波乗りしているのだろうと思いながら、淡井浦というポイント(←車でのみアクセス可能)に行ってみると、腰ハラ程の波のなか20人程のサーファー(全員ショート)が出ている。SUPは、、、誰もいない。。。

サーファーの皆さんは波が綺麗に割れている湾の右半分に集中していたので、自分はちょっと離れた左側でSUP。更に左側では、結構シニアなご夫婦がボディボードをされていた。湾の左側はウネリは結構大きいが、なかなか割れず、ビーチでダンバー気味になる感じ。見た目よりもパワーがあって、病み上がりの自分は1.5時間程でいっぱいいっぱいになってしまった。

午後は島の西側のビーチ(防波堤に囲まれていて波はなし)でフラダンスやアウトリガー・カヌー、SUP(インフレータブル)関連のイベントの見学に。ハワイからのゲストもいらっしゃってなかなか華やかで妻も子供も喜んでいた。

夕方、買い出しを終えてキャンプ場に戻ると、、、一気にテントの数が増えていてびっくり。流石GW。そして驚いたことに7割位のテントの脇にはショートボードが置かれている。自分達のテントの真隣と真ん前に設営されたテントにもショートボードを発見。キャンプ場を散歩してみたが、ロングボードは3本程で他は全部ショート。SUPはゼロ。

3日目も淡井浦(の左端側)でSUP。コンディションは前日と同じような感じ。体調の問題もあり、今一つ気分も乗らず、1時間程で終了。ビーチで休みながら、じっくりショートボードの皆さんのライディングを見学した。

午後は妻のリクエストで島の西側の堤防で釣り(レンタル)をすることに。サバッコが入れ食い状態で釣れた。夕飯に内臓とって素揚げして食べたが、なかなかの美味。島名物のクサヤにも挑戦してみたが、、、これはなかなか強烈だった。

最終日。ゆっくり目に起きて朝食を食べていると、隣のテントの青年(ショートボーダー)がワンラウンド終えて、戻ってきた。どこで乗っているのか聞いてみると、レンタルの自転車をこいでシークレットポイント(と当初私が思っていたところ)に行き、そこから更に30分程度浜沿い歩いて、漸く本当のシークレットポイントに辿りつくことを教えてくれた。キャンプ場~シークレットポイントの往復だけで、かなりの運動になるみたい。聞けば新島は7度目とのこと。バリは10数回。毎週末横浜から千葉北まで運転・車中泊してサーフィンしているというだけあって、鋼のような体をしている。

私が干していたウェットスーツを見て、「ボード(←ショートのこと)はどれですか?」と聞かれたので、「自分SUPで、車に積んでいるんです」と返事。一瞬微妙な空気になったが、すぐにニコニコしながら、「いやー、SUP怖いですわ~。近く来られるとホント迷惑っすよ。ロングもそうですけどね、SUPの圧迫感は格別ですわ!」と関西弁で直球の切り返しを受けた。その言い方が屈託がなくて、思わず「そうですかー、やっぱり怖いですかー。気を付けて乗ります!」と即答。

その後、会話の流れで自分がウィンドサーフィン(フリースタイル)もやっていることを伝えると、「ウインドサーフィンって、無茶苦茶お金かかりますよね?」という質問を受けた。「そうなんですよ、でもそれに見合うだけの面白さがあるんですよ。本栖湖でのプレーニングとか最高に気持ちいいですよ」みたいに答えたが、あまり彼のハートにはヒットしなかったようだった。。。そして逆に「ショート、楽しいですよ。ムラスポ(ムラサキスポーツ)だったら初心者用の5,6万であるから、試しにやってみたらどうですか?」と勧められた次第。「いや、自分も40歳過ぎて、ここ数年で体力も落ちたんで今からは難しいですよ」といったものの、「7ft弱のミッドレングスなら、大丈夫ですよ」とのこと。本当かい?!

 

旅の思い出を書き出すとキリないのでこのへんで。疲れましたが楽しかったです。

淡井浦ビーチ