サーフトリップ(バリ島メデウィ①)

サーフィンを始めて3か月が過ぎ、6’2のミッドレングスで、腿・コシ程度であればようやくテイクオフ/たまに斜め滑りできるようになってきたのは前に書きましたが、これも何度か書いている通り、私は人が多いところが本質的に苦手です。

どこかサーファーが少なくて波がメローなところで乗りたいとずっと思っていましたが、そんなときに見つけたのが「ぼっちサーファー」さんのブログ。Medewiのメローな波、そしてリーズナブルな値段

3歳の息子を小さいうちに海外に連れて行ってみたいという思いもあったので、奥さんも連れて5年振りの海外旅行に行きました。フライトの合計金額は13.8万。エアアジア(LCC)使ったので、一人あたり5万以下ですみました。

今回利用したサーフ宿はMedewiから徒歩2km。1日2回のツアー(基本は早朝Medewi、午後付近のシークレット)と宿泊・道具レンタルがセットで、US500ドル。サーフィンをしない奥さんは290ドル。3歳の息子は無料。

6泊6日。実質サーフ可能な日は5日、、、でしたが、途中で丸一日3人でウブドゥという街を観光旅行したので、4日。1日2セッションですが、最終日はバテて結局トータルで7セッション。

色々自分のサーフィンの足りないところを痛感する旅でしたが、総じてみるとかなり楽しかったです。Medewi。バリ島中心地のKutaなどからは3時間ほど離れた田舎街(住民の約半数がイスラム教徒で朝4:30に拡声器で流されるモスクのお祈りで目を覚まします)、リゾート地の喧騒とは一切縁のない本当にのどかなところでした。

ご飯はほぼインドネシア料理。お店によりますが800円程度で3人腹いっぱい食べれました。

ぼちぼち、気が向いたときに感じたことを追記して行こうと思います。