サーフィンを初めてからの3か月間を振り返って

サーフィンを始めてから約3ヶ月が経ちました。この間、海に出たのは30回弱。千葉で2回(一日に千葉北と南で乗ったのは1回としてカウント)、吉浜で3回、残りは湘南(由比ヶ浜、材木座、松波海岸、辻堂)。

ほぼ土日の両日もしくは何れかは海に出ていたことになります。祝日もしかり。育ちざかりの息子(3歳)がいる中、快く(?)海に送り出してくれる奥さんに改めて感謝です。

使っているボードは、6’2。最初は「ショートボード」と自分自身で勝手にカテゴライズしていましたが、自分の身長より20cm近く長く、ノーズに浮力があるので、いわゆる「ミッド・レングス」に該当するのかと思います。

膝・腿位でフェイスが荒れていない状況であれば、テイクオフすることができるようになってきました。っが、安定して横滑りはできるまでにはいたっていません。

一番大きな変化点は体重。スタート時62.5kg前後だったのが、58.5kg前後に。ポッコリお腹がへっこみ、背中が少し大きくなりました。少しはパドル筋が付いたお蔭か、パドリング可能時間は、初めてのときに比べれば2倍近く増えた気がします。

1年後には、波の状態に合わせてのテイクオフ⇒横滑りができるようになっていたいです。もっというと、今より短いボードで、波の上でグリングリン動きたい。

最近は食事の内容(できるだけ炭水化物を避ける)に気を配り、寝る前のストレッチを意識的にやっていますが、これを継続出来ればと思います。ヨガや瞑想(マインドフルネス)にも興味があります。

自分は人の多いところが本質的に苦手です。メインで乗るであろう湘南地域は、コンディションが良ければ当然人も多くなる。そんなときでも、心の平穏を保ちながら、その瞬間を楽しむ・感謝するライディングができるようになりたいです。

↓は、たまたま録画していて、非常に感銘を受けた番組です。(わずか3か月程度しか経験していない自分が言うのも本当におこがましいかもしれませんが)直感として、サーフィンとは関係ないようで、実は深いところでつながっているような気がします。